頭皮から臭いがすると周りに不快感が

1.頭皮から臭いがすると周りに不快感が

 

頭皮の臭いのせいで周りから嫌な顔をされた経験や、自分の頭皮の臭いが気になって人に寄りたくない等という経験はありませんか?
そもそも、頭皮の臭いの原因は一体どこから来るのでしょうか?

 

頭皮の臭いの原因は、頭皮から分泌される皮脂と汗が酸化すると、不快な臭いの原因の根源となります。
個人差はありますが、皮脂の酸化が原因で不快な臭いが出来上がる時間は、約6時間言われています。
また、お肉などの動物性タンパク質を摂りすぎると皮脂の分泌が濃くなり、臭いが強くなっていきます。

 

加齢臭の場合、加齢臭は皮脂が酸化した臭いで、年齢を重ねるとパルミトレイン酸と過酸化脂質から作られるノネナールが雑菌や汗と合わさって加齢臭の原因になります。

 

他にも頭皮の不快な臭いを作ってしまう原因になる行為がいくつかあげられます。
A.枕・枕カバー
人間は睡眠時にも汗をかくので、皮脂が分泌され起きた頃にはもう皮脂の酸化は行われており、その臭いは枕や枕カバーにも付着。
その枕や枕カバーで毎日睡眠を取っていれば確実に頭は臭くなります。
B.洗髪方法
頭皮は人間の体のなかで一番皮脂腺が多いと言われ、Tゾーンの2倍と言われています。
洗髪をしなかったり、雑な洗い方で十分に皮脂が落ちていない場合には、皮脂が酸化して過酸化脂質となり、雑菌が増えて臭いの元を作ってしまいます。
だからといって、シャンプーをしすぎると頭皮にトラブルが発生してしまい、臭いの原因となる場合があります。
皮脂をとりすぎないように注意しましょう。
また、ドライヤーを使わずに濡れたまま放置すると雑菌が繁殖しカビが増える原因になります。
2.生理的に無理と言われるのは女性も同じ
A.バランスホルモン
頭皮の臭いが無理と言われるのは男性だけではなく、女性だって同じ。
女性のホルモンには2つの種類『エストロゲン』『プロゲステロン』があります。
これらのホルモンのバランスを保ちながら、女性にしかない機能の働きを整えるなどの体調管理を行っています。
しかし、このホルモンのバランスが崩れていくと、体内の器官が正常な機能をしない状態になってしまい、肌荒れや髪のパサつきの原因になるのです。
そして、ホルモンのバランスが崩れると頭皮の臭いは悪化していきます。

 

ホルモンのバランスが崩れると頭皮の臭いが悪化する原因は、ホルモンのバランスが崩れると皮脂の分泌量が増えるからです。
また、新陳代謝は古くなった細胞や老廃物を新しく作り替える機能なのですが、その機能が低下してしまうと頭皮の状態が悪化しやすくなり不快な臭いの増加に繋がります。

 

また、男性の頭皮の臭いの原因は『アンドロステノン』で男性特有の臭いであり、その臭いは人によって違います。
アンドロステノンは、ほとんどの女性は明らかに不快感を感じるということがわかっています。
また、一部の男性でも不快に感じている場合もあるようです。

 

頭皮の不快な臭いにもたくさんの種類がありましたね。
現在、頭皮の臭いに悩んでいる、少しでも清潔な頭皮環境でいたいのなら、まずは頭皮環境の改善ができるcono8を使ってみましょう。