女性は髪が薄くなると、どう思われるか。

女性は髪が薄くなると、どう思われるか。

 

女性は髪が薄くなると、どう思われるのでしょうか?
女性に限らず男性もそうですが、老けて見られる場合が多いですね。
女性の場合は病気と思われることもしばしあり、周りから気にされることもあるでしょう。
だからといって坊主や短髪にするのも難しい。
薄毛に気がついた時点で、自分でなんとか隠そうとするのが人間の心理。
しかし、隠し切れなくなってどうしようもなくなったとしたら、あなたならどんな対処方法をとりますか?
とりあえず、スプレーやワックスなどで髪をフワッと立てごまかす。
また、帽子は必須になる人も多いのではないでしょうか?
更に、薄毛に収集が着かなくなってきたのならウィッグを考えるのが、より一般的健全な考え方なのでは?
ウィッグも安いものから高いものとピンからキリまであり、多数のウィッグが販売されています。
ですからウィッグの質を選ぶのもとても重要なポイント。
よりナチュラルにウィッグを使用するためにウィッグと地毛の違いを知っておきましょう。
ウィッグと地毛の違い。
それでは、これからウィッグと地毛の違いについて掘り下げていきましょう。
まずは、ウィッグには人毛で作られたものとファイバー(人工毛)で作られたものがあります。
人毛は文字の通り実際の人の髪を使用したもので、ファイバーは化学繊維で作られた人工毛のことです。
人毛とファイバーでは、人毛の方が手触りや見た目がより自然で値段が高いものも多いですが、ファイバーよりは自然でウィッグとバレにくいです。
また、洗えたり、染めることも出来たり、コテなどで巻いたりすることも可能なものもあります。
もちろん、本来の自分の髪ではないので思うように扱えないというデメリットはあります。
ファイバーの方は、どうしても化学繊維で作られたものなので地毛に馴染みにくいものも多く、値段は低価格なものも多く販売されています。
また、ファイバーは染めることは出来ませんし、一概には言えませんが洗えないものも巻けないものも多いです。

 

人毛のウィッグならほとんど地毛に近いとは思いますが、実際自分の髪質と同様のものは少ないので、馴染ませればわからない、もしくはわかりにくいかと思います。
ファイバーは化学繊維なので、バレる確率は高いのは確かです。
もちろん、髪質により馴染みやすい髪質もあるとは思います。

 

では、地毛とウィッグの違いとは?
地毛は髪にツヤやハリがなくなりボリュームダウンしてしまう痩せがありますが、ウィッグは髪が痩せるということはありません。
もちろん、ウィッグも使いつづけていくとツヤがなくなる場合もございます。

 

そして、地毛ならウィッグと違って出来ることは、地毛は自分の髪なので思うようなアレンジを作りやすいですが、ウィッグはなかなか自分の思い通りに行かないというのがウィッグと地毛の違いと言えますね。